« 2013年04月27日 4月講座(1日目) | トップページ | 6月講座と上棟式 »

2013年6月 9日 (日)

2013年05月26日 5月講座

6月講座は上棟式です♩
やっと家を建てるんだなぁと実感できる日です。

建物の神様にこれまでの感謝をして
家とそこに住む人の繁栄を祈る機会ではありますが
板取で大工道具を握ったことのある人はみんな
上棟式でお餅を投げながら秘かにプチ棟梁気分を味わいましょう♩

きっと、Sさんも建物の神様も許してくれると思います。


さてさて、そんな上棟式にむけて
5月講座は、黙々と材の刻みをしました。
今回は、屋根をのせる「垂木」を支える「母屋(もや)」/「桁」の刻みがメインでした。
母屋。
Moya_4
このこう配は、屋根のこう配と同じになっています。
凹んだ部分に「垂木」がはまるようになっています。
これがその垂木。
Taruki1_4
垂木に挟まれて(正確に言うと、”自ら挟まれに行って”でした♩)
足が抜けなくなった施主さんの息子さんMくん。かわいすぎました。
Masakun_2
自分たちで間伐した丸太を垂木に使うので、太さはまちまち。
丸太の太さに合わせて、母屋の刻む幅や深さがひとつひとつ違います。
手間がかかるこの作業、でもきっとその分
うまく組合わさったときの感動は大きいはず!!
と、言い聞かせ、慎重にみんなで刻みました。
校長先生とAさんがノコギリでささっと切り落としたこの材(台形型)は
火打梁といって、家の四隅で梁と桁または梁と母屋を補強するための梁です。
(間違っていたら誰か教えてください☆)
Hiutibari2

火打梁は、こんな位置に来ます。(4墨に斜めに入っている材)
Hiutibari

のみとげんのうを持って、家の構造材の刻みをする回数も
よく考えたらあとわずかなんですね。
6月は、上棟式にむけてラストスパートで自主作業日が毎週あります♩

今後の自主作業日の日程
6/16(日)
6/22(土)
6/23(日)

ほぞ穴を掘るのにまだ半日かかってしまう受講生の私でも
役に立っているなぁと思えてしまうのがこの講座の魅力。

楽しみましょう!

« 2013年04月27日 4月講座(1日目) | トップページ | 6月講座と上棟式 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1578063/51977719

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年05月26日 5月講座:

« 2013年04月27日 4月講座(1日目) | トップページ | 6月講座と上棟式 »