« 2013年初講座 | トップページ | 2013年04月27日 4月講座(1日目) »

2013年3月 4日 (月)

2013年02月23日 2月講座

手に汗を握りながら、凍りついたアスファルトを越え
誰一人欠けることなく板取の家までたどり着き
2月の講座がはじまりました☆
今回は木材の刻みのつづきを行いました。
刻んだのは、梁 桁 胴差です。
.
まず梁のホゾ穴加工。皆で黙々と刻みました。(笑)
でも、きっとこのうち何人かはちょっとカメラを意識してます。
.1302231hozoanapeople_0
次に梁と胴差の交差部です。
ここは「渡りアゴ」という仕口で刻みます。
下の胴差に上に載る梁(丸太)の形状を写し取ります。
そこで「ひかりつけ」をおこないます。
詳しくは下記 Aさんメモを参照ください。
.1302232_watariagomemo_0
先日、国の重要文化財に指定されている建物の中で
ひかりつけの痕跡を見つけて、ちょっと興奮してしまいました。
建物は明治27年(1894年)に建てられているのですが
墨付けが鉛筆なので、昭和の大工さんによる改修時のひかりつけでしょうか。
鉛筆は明治初期から日本でも製造・販売されるようになったとか。
当時の大工さんは鉛筆、墨つぼのどちらを使っていたのでしょう?
(愛媛県喜多郡内子町 「木蝋資料館上芳我邸」の屋根裏)
Img_4770_convert_20130305002343
私たちの今の作業も、100年後の人たちに気づいてもらえて
平成の人たちもなかなかやるね〜
なんて言ってもらえると嬉しいですね♩
.1302233_watariagophoto_0_2
.
.
桁は追っ掛け継ぎでの継手が出来ました。
.1302234_okkakephoto
↓こちらが約100年前の大工さんの仕事。(木蝋資料館上芳我邸)
Img_4769_convert_20130305002703
↓そしてこちらが平成のNさんの仕事。(千年庵)
Img_4698_convert_20130305003846
うん、負けてない!
ここまでで土台、胴差、梁、桁までメドがたちました。
次は母屋や柱 そして大物の棟木が待っています。
.
.
そしてこの日は「おくどさん」をゆずっていただきました。
タイル張りで二口のものです。
早速火入れ式がとりおこなわれ、
おいしいホットケーキをいただきました。
1302235_okudosanphoto
.
.
建前にむかって、これから急ピッチで仕事が進みます。(たぶん)
皆さん、ぼちぼち行きましょう。

« 2013年初講座 | トップページ | 2013年04月27日 4月講座(1日目) »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

寒くなってからほとんど出校できないバッシーです。
鑿を使いたいです。
あたらしい鑿を6本、昨年の秋に3日間かけて研いだものの
まだ1度も使っていないのです。
切れ味も試したいです。
あつろうさんのメモもよく理解できないのです。

べっこさん同様、進級できない劣等生になりそうです。
うらやましい限りです。

ホッシです。ブログ書く~と言いつつ皆様に頼ってしまいました(T . T)ゴメンね。

100年前の手仕事と比べられてるのが素敵でした‼お~千年庵もなかなかやるッ(((o(*゚▽゚*)o)))って感動。

いつの日か我ら千年庵が重要文化財になる日がやってくるかも⁉活動自体が私達一人一人に重要な財産を刻んでくれている事は確かですよねッ♪
完成が楽しみです★

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1578063/50024695

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年02月23日 2月講座:

« 2013年初講座 | トップページ | 2013年04月27日 4月講座(1日目) »