« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »

2012年12月

2012年12月30日 (日)

ゆるゆるワークショップ2の報告

12月16日(日)足助里山ユースホステルにて

千年持続学校心と体づくり講座 ゆるゆるわーくしょっぷじねんの二回目を行いました

報告をさせてもらいますね

Img_4

スタッフ参加者合わせて、大人23人 ちびっこ18人

集まるべくして、この場に集まった方々という感じです

テーマは音

歌のワークの講師におかめさん 

おかめさんとご縁をつないでくれた井筒耕平さんともめさん、一才になりたての風太君を連れて

みなさんはるばる岡山より来てくれました~

Pc160672_3

まずは輪になって

読んでほしい呼び名と最近あったうれしいことを言って自己紹介

笑いヨガ方式で、言うたびにみんなで笑い拍手をします

おかめさんと、体をほぐし、声を出していきます

L_36e8699db3e38ac4ad3a67a7ea2ce9_2

高野先生と感謝念仏

ゆるゆる第一回目でも行った感謝念仏

広島大学の町田宗鳳氏の提唱されているもの

合掌瞑目し、やや顔を上に向け、自分が光に包まれていることをイメージしながら、

「アリガト」の四音を、朗々とお腹の底から発声します。

その時、自分の魂・身体・家族・仕事など、感謝の対象を明確に定めます。

これは内観療法を兼ねており、感謝の念を他者に送ることによって、心のシコリを消すことになります。

「SOHO禅とは何か」 より抜粋
http://home.hiroshima-u.ac.jp/soho/

15分間行い、休憩を挟み、もう一度15分行いました。

感想のシェアをして、お昼ご飯です。

宇角さんの指導のもと、冬の体にうれしい献立です。

L_e4e6b2f167a22774918e60a80ebcf2_3

黒豆ご飯

根菜のお味噌汁(足助ユースの方のお手製の赤味噌)

キンピラゴボウ

足助ユース小川さん作

L_bd8c33c4d485db8edb80bae6b4d66c_3

切干大根のサラダ

のい作

L_fffd793ddb7f54e330dbe4ec604834_3

切干大根の煮物

たかちゃん作

L_bc15a579a0829cbcce6eb56e521b0f_3

ご飯をいただきながら

冬の体と、食事

お手当てについて

たかちゃんに話してもらいました。

今の季節に

音というテーマはぴったりと太鼓判

ごぼう、切干大根、白菜など

勤めて食べたい野菜だそうです

こちらが配られた資料です

Img_0002_3

錦見綾ちゃんの歌とエレクトーンと高野先生のトロンボーンのミニライブ

午後の柔らかな日差しと、音が響き、素敵な時間でした

L_34983a6969f17ece3414247b6139c7_3

綾ちゃんのワーク

錦見綾ちゃんは、Uta-Tubeにも出演したシンガーソングライターさん

気持ちよい声の出し方は、音が抜けていく余韻を響かせるところ

自分の声も気持ちも日ごろ聞くことがなかなかないのでよく聞いてあげてくださいって

外に出て、一人ずつ、声を出しました

おかめさんのワーク

『君は愛されるため産まれた 君の存在は愛で満ちている』という歌をみんなで歌います

ペアになり目を見ながらお互いに歌いあいます

自分に向かい胸に手を当てて

『私は愛を生きるため産まれた 私の存在は愛で満ちている』と歌います

Pc160685_2

Pc160691_2

外に出て空に向かい手を広げ

『みんなは愛されるため産まれた みんなの存在は愛で満ちている』

と歌いました

Pc160695_2

目を見て歌うワークでは

男女関係なく

涙をぼろぼろ流し

会場が、じんわりとした暖かい湿り気を帯びた空気に満たされました

外では、本当に気持ちよく、

何かが解き放たれた感覚でした

↓こちらのリンクは岡山の上山棚田で

やったときのものですhttp://www.youtube.com/watch?v=I8magd2GklY

部屋に戻り

もめさんのセルフドキュメンタリーの上映

下のリンクから見ることが出来ます

http://www.youtube.com/watch?v=3K9iz7MJiQQ&feature=youtu.be

母が命がけで産むと腹をくくったときに出てくるんだってもめさんのお母さんの言葉

ぐっと来ました

最後に片桐さんの音叉ヒーリングと整体のお話

L_df683811c003e83f0c5811590957cf_2

七人のお子さんの子育ての中で

人体実験(笑)しながら学んできたことを伝えてくれました

528ヘルツの話(興味のある人は検索してみてください)

音叉の音は響きが美しくいつまでも聞いていたいです

音が人に与える影響力の大きさ

音によって物理的にゆがみが整えられるって不思議です

整体の、ちょっとした事で体が変わること

足首の筋を少し緩めることでお尻がぐぐっと持ち上がっていく様子がとっても面白かったです

Pc160726

ちびっこたちはお外で元気に遊んでいます

ありがとう

子守をしてくれたスタッフも

ありがとう

Pc160730

もう夕暮れです

L_d4abaf1085de31c229b5cb95ae91e5_2

のこったみんなで変顔(笑)

本当に満たされた気持ちでいっぱいです。

最後のシェアでも、癒された、楽しかった、自分と向き合った、充電できた、などなど

嬉しい言葉がたくさんでした。

最後になりましたが、伊勢三河湾流域圏ESD拠点の講師料の補助のおかげで

素敵なご縁がつながりました

ありがとうございます

会場をお借りした足助ユースもきれいな建物におしゃれな雰囲気で

場所も、見晴らしの良い絶好の場所でした。

お昼ごはんも美味しくって、小川さんご夫婦も暖かい方々でした。

関わってくださった方々、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします

次回は、春分の日3月20日に予定しています

楽しみだぁ♪

のいでした

2012年12月19日 (水)

2012年12月4日 帯鋸盤による製材 (自主作業日)

2012年12月4日 自主作業日の活動結果報告です。
製材機による角材の製材を行いました。

神越渓谷近くにある、「森の製材所」を借りて製材です。
オーナーの鈴木さんが整備された公園のようなすばらしい森です。
間伐された木々の根元には熊笹や潅木が茂っていてとても明るい森でした。


Dsc08012_2 

さて製材は帯鋸盤(バンドソー)の前後に各6mのスライドレールがあります。
レールの上にスライド台車があり、台車上の治具で丸太を固定して加工していきます。

Dsc07976

その治具が秀逸で、加工サイズに合わせてピンなどを立てる穴が開いています。
また転がり防止のカスガイのような役目のアームもついています。

Dsc07994

これらで位置決めして、丸太をスライドして製材していくのです。
慣れると1本15分程度で製材していけました。
送りが早いと面がうねったり、帯鋸の交換時の設定が難しかったりしたので
安城から応援に来ていただいた大工さんにもお世話になりました。

Dsc07998

詳しくはメモをご覧ください。
「121204.pdf」をダウンロード



棟梁に褒めてもらったので、調子にのって描かせていただきました。
では次回の講義も楽しみましょう。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »