« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月20日 (火)

2月講座2日目山作業班の報告

2月25・26日に行なわれた講座の2日目、山作業班の報告をいたします。
                                                                               報告:市川

山作業班は、間伐班と木材搬出班に分かれ、板取の家から歩いて10分ほどの皮むき間伐をした裏山で作業を行ないました。
間伐班は、木を倒し、枝をはらって、3mの長さに伐ります。
木材搬出班は、間伐班が伐った木を山から林道に下ろし、集積場まで運びます。
各班は、互いの作業が重ならないよう離れて仕事をしました。

<間伐班>
この日、間伐班は5~6本の木を伐りました。
間伐が進んでいない人工林は、樹間距離が狭いため、枝が密集しています。木を伐っても木がその枝に引っ掛ってしまい、なかなか地面に倒すことができません。特に桧は枝が強いため倒しにくいそうです。

Dsc05892_11

Dsc05900_2

枝に掛かると、伐った木の幹にワイヤーを巻き、チルホールで下に引き寄せます。何度もワイヤーの位置や角度を変えて、少しずつ倒していきます。最後はヨキを使って根元をずらし、やっと地面に倒すことができました。

Dsc05903

地面に倒れた瞬間、その反動で根元が1.2mほど跳ね上がりました。人に当たると大ケガです。思いもよらない木の動きに驚きました。改めて山仕事が危険な作業であることを実感しました。

<木材搬出班>
まず、3mに伐られた材を、山の斜面を滑らせて林道に下ろします。
材を滑らせる時は必ず大きな声で「下ろしまーす!」と声をかけ、下に人がいないことを確認します。みんな急な斜面に足を取られながら何度も上り下りして材を下ろしました。
Dsc05869

Dsc05853

次に林道に下ろした材を、みんなで担いで集積場まで運びます。
材は非常に重いので、材が足の上に落ちたり、手を挟んだだけでも大ケガです。材を担ぐ時は、みんな材の同じ側から担ぎます。こうすれば万が一、運んでいる途中で材を落としても、人のいない側に材が落ちるので安全です。
木材搬出班はこの日、伐った木のほとんどを林道に下ろし、25本ほどを集積場に運びました。

Dsc05879

前日の雨で、山の斜面が滑りやすく足元が悪い中での作業となりました。
山での作業はとても危険な仕事です。危険を予知することが、危険を回避することだということがよく分かりました。

みなさん、お疲れさまでした。

2012年3月17日 (土)

2月25・26日西小屋(屋根)解体作業

201226_004


201226_006


201226_009


201226_011


201226_014


201226_017


201226_020


201226_023


201226_026


201226_028


バッシーです。

投稿が遅くなりました。25日は雨のため高野校長の講座とすげの里、バイオガス装置見学にいきました。

26日は晴れあがりました。西小屋の屋根を解体しました。さださんの作業の説明と屋根の作業中に軒下を通るときは大声で「通ります」と屋根の上の作業の人に声掛けるなど注意と作業指示をもらって開始です。

さださんは前日夜、熱唱し、お酒も飲み、おまけに人生相談でほとんど徹夜、でも身も軽くこなし屋根の上を飛び回って大活躍、さすが棟梁です。お見事でした。

写真はスタートから順に撮ってあります。

午後は作業場の床を水平にするため崖から一輪車で60~70杯作業場まで運びほぼ水平にしました。みんな力仕事で疲労感がありましたが、心地よい疲れでした。以上報告終わりです。

みなさん、写真の下にコメントをつける方法が分からなくてごめんなさい。

2012年3月14日 (水)

2012.3.10-11 間伐理論、西小屋の屋根組み、3.11追悼式

今月の千年持続学校は、3.11から一周年となりました。

土曜日は雨で濡れて危ないため、

午前中:座学(高野先生「いのちの歌と仏教」、しげさん「林業の間伐理論」)
午後:森の健康診断と間伐材を土場へ運ぶ
夜:飯館村映画上映、高野先生と小林麻里さんの講演

深夜もまた長かったような。
日曜日は、快晴になりました。

午前中:柱や屋根材運び、加工。西小屋北側の整地
午後:西小屋の屋根作り


土曜日

みんなのアイドル、宗介もちゃくちゃくと成長してきてます!
Img_1110

そんな笑顔に癒されて講義開始〜

高野先生「いのちの歌と仏教」


山本しげさん「林業と間伐理論」


午後
しげさんに教えてもらいながら間伐地へ出発。
木が隣り合う感覚は、目安として樹高の2割ぐらいの長さが良いのだけど、、、


矢作川流域では森の健康診断をやっていますが、簡易に行いました。
電卓が必要ですね。
ちなみに、午前の講義や午後の実践での教科書は、もと信州大学島崎洋路先生の「魅せられるか日本の山」です。薄くても濃い内容となっています。


間伐材を土場へ、今日も重労働です笑
Img_1139


m-easyによるおいしい夕食をいただきました。
Img_1150


そして、夜は飯館村からお越しいただいて、小林麻里さんの講演でした。

日曜日

柱を加工しています。
Img_1160


子供の遊びを見守るのも、千年持続学校の良いところです。
西小屋北側は、斜面が崩れ迫ってきていたので、土砂を取り除きます。
最初はスコップだったのが、くわになって効率アップ!


運んだ柱
Img_1171

上から見た屋根の様子。すっかりないですね。
Img_1176


屋根を作っていきます。
Img_1181

Img_1184


2時46分に黙祷、そして追悼を行いました。


2012年3月13日 (火)

2012年4月〜11月の千年持続学校開校日

みなさーん おはようございまーす
事務局のとだです
3月講座ありがとうございました

さてさて、4月の開校日は、28(土),29(日)です。
(詳細は開校日が近づきましたらご連絡します)

以降、すべて毎月最終の土日です。
5/26(土),27(日)
6/23(土),24(日)
7/28(土),29(日)
8/25(土),26(日)
9/29(土),30(日)
10/27(土),28(日)
11/24(土),25(日)

ひとまずここまで。
12月は、最終土日だと年末29,30日になってしまいますので、変更したほうがいいかと思いますので、また講師のみなさまと相談してご連絡します。

あいまに自主作業日をひきつづき設けることがあります。こちらは随時ご連絡します。

それではみなさん、また会える日までどうぞおげんきで!

2012年3月 4日 (日)

3.10-11 千年持続学校スケジュール

もっちです。
戸田さんからのメーリス(今週末に迫った開校スケジュール)をブログに載せます。

みなさま

とだです。みなさんお元気ですか?
さてさて、3月講座のご案内です。

※3月7日(水)までに出欠を戸田まで、またはMLでご連絡ください。
食事などの準備のため、正確な人数が必要です。よろしくお願いいたします。
以下4点につきまして、ご返信ください。

・参加される方全員の氏名(保険加入に必要です)
・食事(希望される方。人数と、1日目夕食、2日目昼食、など書いていただけますと助かります)
・宿泊(希望される方)
・車のない方は八草でピックアップできます。希望される方はおしえてください。


今回の日程は、3月10,11日。
3月11日、東日本大震災から1年を迎えますね。

以下、高野先生より。
土曜日の食事後に、飯舘村の小林麻里さんとの対話の時間をもちたいと思います
(90分くらい)。
日曜日は、14:30から地震発生時刻の14:46に黙祷をはさんで、
15:00まで、セレモニーをやりたいと思います。
よろしくお願いします。


<3月講座のご案内>
*日時
3月10日(土)~11日(日)
両日とも9時半に板取の家に集合

10日(土)
9時半 集合
午前の作業:西屋の基礎(置石)づくり
12時 昼食(各自持参)
13時 飯舘村 小林麻里さんをかこんで懇談会
午後の作業:屋根組み付け(建前)
17時半 入浴など
19時 夕食(1000円)・交流会

11日(日)
8時 朝食(宿泊の方、500円※変更になりました)
9時半 集合
午前の作業:屋根じまい
12時 昼食(700円)
13時 午後の作業:屋根じまい
14時半 東日本大震災 祈念
15時 終了予定


*持ち物
全員)作業着、ヘルメット、長靴、軍手、1日目昼食、マイ箸、マイ皿、マイカップ、
スコップおよび一輪車(持っている方)、大工道具(大げんのう必要)

宿泊の方)寝袋

※ヘルメットについては、林森林組合専務から注意があったように裏に名前・血液型を記入の上参加ください。

*食事について
1日目昼食(弁当を持参ください)、夕食(1000円:m-easy担当)
2日目朝食(500円:宿泊の方のみ:澤田さん担当)、昼食(700円:つくば工房担当)
食事を希望される方は、希望の食事を出欠連絡の際にお知らせください。

*宿泊について
板取の家にて、個人:ひとり1000円 家族:ひと家族1500円
(大変申し訳ないのですが、見学の方はひとり2000円となります。ご了承ください)
寝袋ご持参ください。
宿泊を希望される方は、出欠連絡の際にお知らせください。

*保険料について
簡易な保険に加入します。1日ひとり150~200円程度です。
見学の方や、家族連れの方はお子さんも加入します。加入には氏名、住所が必要です。

*見学参加料
見学の方、スポット参加の方は、見学参加費として1000円をお願いしております。

*3/25ほんわか祭りについて
祭りが近づいてきました。
なにか必要なことがあれば、ともちゃん・ゆうすけくんを中心に、作業の様子をみながら、どこかで時間を作れたらと思います。

以上です。ご不明な点がありましたら、戸田までお気軽にお問い合わせください。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »